SERVICE
サービス

コンサルタント紹介

OSSの知見を蓄えられる環境と、
社内SEとしての経験を活かし、
大手企業や官公庁が求める高度な安定性を実現する。

コンサルタント /溝口泰史
コンサルタント /溝口泰史
PROFILE

慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 修士課程修了。大手SIer、ソフトウェア開発ベンダーを経て、2017年2月にロンウイットに入社。コンサルタントとして、数多くのプロジェクトを手掛けてきた。プライベートではサイクリングを趣味としており、休日には遠距離のツーリングを楽しむことも。

社内SEの経験を活かしながら、お客様の近くで働けることに魅力を感じた。

学生時代は応用物理学を学び、卒業後に就職したのはグループ全体で従業員数約十数万人という大手の電機メーカーです。情報システム部門に所属する社内SEとして、システムの運用やユーザーとの折衝などを担当していました。入社から3年後には製品開発を行うためにソフトベンダーに転職、しかしながら徐々に実装よりも上流工程が中心となっていきました。

私自身は開発の現場で手を動かすことに興味があったので、2017年にロンウイットに入社しました。
私がこの会社を選んだのは、大手企業で大規模なシステムの運用を手掛けてきた経験を活かしながら、もっとユーザーの近くで技術に関われそうだ、と考えたからです。

しかし、入社前の検索エンジンの知識は、SQLを扱ったことがあった程度。またコンサルタントとしてお客様の課題解決にあたるというのも初めての経験でした。入社後、私が最初に担当することになったのは、半導体メーカーが自社製品の一覧を掲載しているカタログサイトの機能改善。大手ITコンサルティング会社が開発・運用を担当し、SAPをベースにしたシステムに検索エンジンとしてLucene/Solrを組み合わせたものでした。

私が行ったのは、Learning To Rank(LTR)と呼ばれる機械学習を利用することで、検索結果の表示順をより良いものにすることです。
実際の機械学習の適用にあたっては、不足しているデータをログから生成するなどの仕組みを作ったりしましたが、Solrには手を加えないように気をつけて作業を行いました。コンサルタントとしての私の基本的なスタンスは、Lucene/Solrそのもののソースを改変したり、新たなアプリケーションを開発するのではなく、コンフィギュレーションで検索の高速化や精度向上を目指すというもの。これは私自身がソフトベンダーで働いていたため、パッケージ・ソフトの中身にできる限り手を加えないほうが良い、という経験を持っているからでしょう。

高い安定性を求める大手企業や官公庁のプロジェクトを担当する。

ロンウイットには現在、5名のコンサルタントが在籍していますが、入社前のバックグラウンドは様々ですし、お客様の課題解決にあたるスタンスもそれぞれに異なります。
現在のバージョンのLucene/Solrに足りない機能があれば、自分でどんどんプログラムを書くコンサルタントもいれば、私のようにコンフィギュレーションを中心としたアプローチを得意とする者もいます。私がこうしたスタンスで仕事に取り組むようになったのは、担当してきたお客様が大手企業や官公庁など、システム開発に関してのガバナンスが強いお客様が中心だったためです。

こうしたお客様の場合、安定性を担保するため、OSSを使用する際には、オリジナルのバージョンを改変しない、ということをルール化していることも少なくありません。

また、Lucene/Solrの導入をお手伝いするにせよ、導入済みのシステムを改善するにせよ、お客様の規模が大きくなると、どんな作業を、どんな手順で実施したのか、

その効果はどうだったのか、といった、詳細なレポートを提出することが求められます。こうしたお客様に対しては、私自身が大手電機メーカーの社内SEとして働いていた経験が大いに役立っていると思います。

ロンウイットのお客様には、従業員数が数万を超える大手もあれば、数十名規模のベンチャーもありますから、情報システムや検索エンジンに対して求めるものも当然変わってきます。検索に絶対の正解はありませんから、お客様それぞれのニーズや事情に合わせて、ベターを探っていくのが私たちコンサルタントの仕事です。

どんなお客様にでも対応することのできるコンサルタントが揃っているというのも、ロンウイットの強みといえるでしょう。

ロンウイットの社内制度とブランド力を活かしながら、もっと知見を高めていきたい。

私がこの会社に入社してから担当したプロジェクトのひとつに、膨大な統計データを掲示する官公庁系サイトの機能改善があります。コスト削減のために検索エンジンにLucene/Solrが採用されていたのですが、サイトのカットオーバー直前になっても、検索結果が表示されるまでに30秒も時間がかかっていました。
検索に許されるタイムラグはせいぜいが2秒なのです。この時も私はLucene/Solrのコンフィギュレーションを見直すことで、検索時間の大幅な短縮を実現しました。

Lucene/Solrには多くのパラメーターがありますが、それぞれが複雑に連携しているため、様々な設定を試しながら、検索の速度や精度を少しずつ向上させていくというプロセスが必要になります。こうした部分はコンサルタント自身の経験値によるものも大きいといえるでしょう。
このような経験を積むにあたり、ロンウイットではOSSのコミッターに就任することを目的として、業務時間の半分をOSS活動(パッチ投稿、メーリングリストにきた質問への回答など)に費やせる50%ルールというものがあります。

私はこの制度を利用しておりますが、それによりSolrやその他のOSSソフトウェアの知見を高められていると感じています。先ほど、OSSのソースコードに手を加えることの是非といった話に触れましたが、当社であれば、自分たちでLucene/Solrを改良し、新たなバージョンとしてオフィシャルにリリースすることもできます。

こんなことができる企業は、今のところ日本国内には当社しかありません。ロンウイットという会社を説明するとき、代表の関口がApache Lucene/Solrのコミッターを務めているということが大きなブランド価値につながっているのは間違いないでしょうし、コンサルタントは関口のようになりたいと感じていると思います。ロンウイットに入社することで、大手企業の社内SEとしてのキャリアを活かしながら、日々新たな知見を得ることができることに、大きな満足を覚えています。

トレーニングコース

ロンウイットのトレーニングは、Lucene/Solrの経験豊富なコミッターの
監修のもと開発されたハンズオン(実習)形式のコースです。

セミナー

ロンウイットのApache Software Foundationコミッターが、情報検索の基礎、自然言語処理、そして、ユーザにとっての効果についてご説明させていただきます。