INFORMATION
テクノロジ

Apache Lucene 8.1.0 が公開されました!

Apache Lucene 8.1.0 が 2019 年 5 月 16 日に公開されました。

Apache Lucene は完全に Java で書かれたハイパフォーマンスな全文検索エンジンです。今回行われた主なアップデート内容を以下に記します。

主なアップデート – バグ修正,最適化,機能強化

  • Luke(Lucene のインデックスの内容を GUI 上で確認できるツール)が Lucene のモジュールとして追加されました。
  • radix partitioning を使うことでセグメントマージ時のスループットが向上し,その時に必要とするディスクサイズも減少しました。
  • LatLonShapePolygonQuery を使ったクエリが間違った結果を返していた問題を修正しました。
  • TieredMergePolicy#findForcedMerges がマージの負荷を軽減するようになりました。
  • 必要な時のみ、BKD 木のポイントライターをビルドするように修正されました。
  • SynonymQuery 時に従来は各シノニムの重要度(ブースト値)は同じ扱いでしたが,本アップデートから各シノニムの DF に応じて独立したスコアを出力できるようになりました。
  • 最小スコアが定数スコアよりも大きい場合(minimum score > constant score)、ConstantScoreQuery は、スコア計算を早期終了させます。(ヒット件数は必要ありません)
  • DateRangePrefixTree では従来 ISO-8601 フォーマットのミリ秒が 0 もしくは 3 桁のみパース可能でしたが,本アップデートでそれ以外の桁数でもパース可能になりました。

リリースの詳細と Lucene ダウンロードについて

すべての新機能および変更点に関しては CHANGES.txt を参照してください。 https://lucene.apache.org/core/8_1_0/changes/Changes.html

現在の最新の Lucene ダウンロードについては下記 URL を参照して下さい。 http://lucene.apache.org/core/mirrors-core-latest-redir.html


トレーニングコース

ロンウイットのトレーニングは、Lucene/Solrの経験豊富なコミッターの
監修のもと開発されたハンズオン(実習)形式のコースです。

セミナー

ロンウイットのApache Software Foundationコミッターが、情報検索の基礎、自然言語処理、そして、ユーザにとっての効果についてご説明させていただきます。