INFORMATION
サービス

[インタビュー] Apache Mahout & Spark ではじめる機械学習トレーニングコース受講者 アイキュームの皆様

Apache Mahout & Spark ではじめる機械学習トレーニングコースを受講されました、株式会社アイキューム(本社:東京都練馬区)の皆様に受講後のインタビューに応じて頂きましたのでご紹介します。

アイキュームについて

ロンウイット関口アイキュームという会社について教えてください」
アイキューム代表取締役井村様「弊社は図書館システム関連のソリューション提供やホワイトハウスやNASAでも使われているオープンソースCMSであるDrupal関連のシステム・ホームページ構築を実施している会社です」

関口「中村さん、兪さんはどんなバックグラウンドをお持ちでしょうか」
中村様「都内のSIerで図書館系システムの開発を担当し、4月にアイキュームに入社しました」
兪様「代表井村と前職からコンテンツマネージメントの仕事をしており、先週ロサンゼルスで開催されたDrupalのカンファレンスにも参加しました。またSolrを使った検索システムも担当しています」

トレーニングコース受講の動機

関口「皆さんが今回このトレーニングコースを受講しようと考えたきっかけはなんでしょうか」
井村様「既存のお客様で論文系のシステムの名寄せにランダムフォレストを使用されており、 今後広がりをみせているため事前に学習したいというのが受講の動機です。情報検索も発展させてリコメンドも応用できるかもしれない、図書館系でも”こんな本を読んでると留年するよ”などのアドバイスが使えるかもしれませんネ(笑)」

関口「受講してみていかがだったでしょうか。」
井村様「もっと簡単なものかと思っていましたが正直なかなか難しかったです。その分いろいろなことができそうだと思いました」
中村様「システムに組み込めそうなイメージが掴めました。文書からも分類できる、入力された間違った文書を類推して補正するなどチャレンジできそうでよかったです」
兪様「いろいろなアイデアを聞き、可能性が広がったと思います」

今後について

関口「今回トレーニングコースを受講して得た知識をどのように業務に生かせそうでしょうか」
井村様「図書館系の検索では著者でジャンルが決まるようなところがあります。たとえばネイチャーには自然科学系の先生の論文がのります。ただ検索システムとしては表記揺れの対応など課題があり、今回のトレーニングでどういう手順を踏めばよいか・何を考えていけばよいかがわかるようになりましたので、いろいろ試してみたいと思います」

関口「ぜひ御社の強みを活かして今回のトレーニング成果をご活用いただけましたらうれしく思います。本日はお話を聞かせていただき大変ありがとうございました。」
前列右からアイキューム中村さん、井村さん、兪さん;後列ロンウイット関口

前列右からアイキューム中村さん、井村さん、兪さん;後列ロンウイット関口


トレーニングコース

ロンウイットのトレーニングは、Lucene/Solrの経験豊富なコミッターの
監修のもと開発されたハンズオン(実習)形式のコースです。

セミナー

ロンウイットのApache Software Foundationコミッターが、情報検索の基礎、自然言語処理、そして、ユーザにとっての効果についてご説明させていただきます。