INFORMATION
テクノロジ

Apache Solr 7.7.3 が公開されました!

Apache Solr 7.7.3 が 2020 年 4 月 28 日に公開されました。

Solr は Apache Lucene プロジェクトによって手がけられた全文検索サーバです。

強力な全文検索機能を備え、ハイライト、ファセット検索/分析、空間検索、多彩な REST API に加え、パラレル SQL をその主な特長としています。 Solr はエンタープライズ品質の安全性と高いスケーラビリティを誇り、フォールト・トレラントな分散検索/インデックス作成を可能にし、世界最大規模の多くのインターネットサイトで検索とナビゲーションを提供しています。

今回行われた主なアップデート内容を以下に記します。

主なアップデート

  • contrib をクラスタリングするために、より安全にフォークする simple-xml を使うようになりました。
  • SPLITSHARD を async で使用したとき、SPLIT や SPLITSHARD のサブコマンドにて、エラーが発生していると、空のシャードを二つ作成してしまう不具合が修正されました。
  • 非同期での Collection API は、処理を終了するまえに、完了報告を行ってしまう不具合を修正しました。
    この不具合は、レプリカが1つのノードに設置している時に起こる可能性のある不具合です。
  • ExecutePlanAction によるエラーハンドリングが改善されました。
  • フォワードリクエストを受けるノードでの承認処理をスキップするようになりました。
  • HttpSolrCall は、内部リクエスト数(_forwardedCount)を管理するようになりました。これにより、リモートクエリをレプリカの数に対して制限しています。
    また、これにより、リモートサーバーに対する必要以上のカスケードコールが発生しないようになりました。
    制限されていない場合は、リモートサーバー のコレクションを含むノードを停止します。
  • VelocityResponseWriter を使うためのリソースのローディングは、スタートアップのパラメータからのみできるようになりました。
    また、_default コンフィグから、VelocityResponseWriterの設定が削除されました。
  • VelocityResponseWriter は、信用できるコンフグセットに対してのみ、レンダリングできるようになりました。
    またリクエストパラメーターによるコンフィグのテンプレートが削除されました。
  • DataImportHandler に enable.dih.dataConfigParam が追加されました。
    これにより、dataConfig が許可されているかどうかを切り替えることができます。
  • javabin のパフォーマンス リグレッションを修正されました。

リリースの詳細と Solr ダウンロードについて

すべての新機能および変更点に関しては CHANGES.txt を参照してください。
https://lucene.apache.org/solr/7_7_3/changes/Changes.html

Solr7.7.3 のダウンロードについては下記 URL を参照して下さい。
http://www.apache.org/dyn/closer.lua/lucene/solr/7.7.3


トレーニングコース

ロンウイットのトレーニングは、Lucene/Solrの経験豊富なコミッターの
監修のもと開発されたハンズオン(実習)形式のコースです。

セミナー

ロンウイットのApache Software Foundationコミッターが、情報検索の基礎、自然言語処理、そして、ユーザにとっての効果についてご説明させていただきます。