INFORMATION
テクノロジ

Apache Solr 8.2.0 が公開されました!

Apache Solr 8.2.0 が 2019 年 7 月 26 日に公開されました。

Solr は Apache Lucene プロジェクトによって手がけられた全文検索サーバです。

強力な全文検索に加え、ハイライト、ファセット検索/分析、空間検索、多彩な REST API に加え、パラレル SQL をその主な特長としています。 Solr はエンタープライズ品質の安全性と高いスケーラビリティを誇り、フォールト・トレラントな分散検索/インデックス作成を可能にし、世界最大規模の多くのインターネットサイトで検索とナビゲーションを提供しています。

今回行われた主なアップデート内容を以下に記します。

主なアップデート – 機能強化

  • failOnVersionConflicts=falseがクエリオプションとして追加され、Solrのドキュメントを更新する時に_version_の値が適切でなくても更新処理を成功させられるようになりました
  • Streaming Expressionにfacet2Dが追加されました
  • クエリを処理する時に優先的に処理を実行させるレプリカの指定を、特定のシステムプロパティにクエリの処理ノードと同一値を登録することでできるようになりました。
  • OpenTracingのサポートが追加されました
  • COLSTATUSコマンドからインデックスファイルの統計情報を取得できるようになりました。
  • Stream EvaluatorにrecNumが追加されました
  • zplotで二次元の集合とその凸包を可視化できるようになりました
  • 標準のmanaged-schemaにエストニア語のフィールド型を、Ref Guideにエストニア語の言語処理についてのドキュメントを追加しました

主なアップデート – バグ修正

  • ベーシック認証を利用しているときに、ノード間の通信で401エラーが断続的に発生する不具合を修正しました
  • ネストされたドキュメントを利用していないにも関わらずスキーマでnest_pathフィールドが宣言されている場合に、アトミックアップデートが失敗する不具合を修正しました
  • UUID/enum値/ブール値/バイナリ値フィールドに対するアトミックアップデートの問題を修正しました
  • 既存のエイリアスと同名のコレクションを削除できなかった問題を修正しました。これにより、REINDEXCOLLECTIONコマンドをremoveSource=trueが指定された状態で利用した時にデータが失われる可能性がある不具合も修正されました

リリースの詳細と Solr ダウンロードについて

すべての新機能および変更点に関しては CHANGES.txt を参照してください。
http://lucene.apache.org/solr/8_2_0/changes/Changes.html

Solr8.2.0 のダウンロードについては下記 URL を参照して下さい。
http://www.apache.org/dyn/closer.lua/lucene/solr/8.2.0


トレーニングコース

ロンウイットのトレーニングは、Lucene/Solrの経験豊富なコミッターの
監修のもと開発されたハンズオン(実習)形式のコースです。

セミナー

ロンウイットのApache Software Foundationコミッターが、情報検索の基礎、自然言語処理、そして、ユーザにとっての効果についてご説明させていただきます。