INFORMATION
ニュース

「Apache Spark によるスケーラブル深層学習」トレーニング(研修)を開始

株式会社ロンウイット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関口 宏司)は、オープンソースの分散処理フレームワーク「Apache Spark(アパッチスパーク、以下 Spark)」を利用し、深層学習のプログラミングを1日で学ぶ研修コースを5月29日から開始することを発表いたします。

背景

大量のデータを扱うシステムでは、データ前処理〜深層学習モデル構築〜評価〜デプロイという一連の処理をさまざまな技術担当者が協働して行う必要があります。しかし、担当者ごとに使うツールが異なることで非効率な環境となっていることや、モデル構築に時間がかかりすぎることなどが問題となっています。

海外では、クラスター環境でデータ処理パイプラインと分散モデル学習を行える Spark を用いた成功事例が出てまいりました。情報検索を専門に行う弊社では、インデクシングの前処理、各種ハイパーパラメータ探索、ランキング学習(Learning-to-Rank; LTR)のモデル構築を Spark で行えるようコンサルティング活動を行っており、お客様との知識共有を促進するため、本トレーニングコースを開発しました。

研修コース概要

開催頻度:毎月1回開催、第1回は5月29日
研修時間:10:00~17:00(1日コース)
会場  :東京都千代田区神田東紺屋町28−1神田EAST(旧称メナードビル)4階
価格  :9万円/人
内容  :
– Sparkの分散データ構造「DataFrame・Dataset」
– 遅延評価
– 分散前処理
– Sparkクラスタ構成
– 深層学習の分散ハイパーパラメータ探索
– SparkとTensorFlow/Keras用いた分散深層学習
– 演習
詳細内容:  https://www.rondhuit.com/services/training/spark-deeplearning.html
申し込みフォーム:  https://www.rondhuit.com/entry_form.html

こんな人にお勧め

  • 機械学習モデル構築を行うデータサイエンティストやデータ分析を行うデータアナリストの方。
  • 各種ログデータや IoT データを前処理/加工するデータエンジニアの方。
  • 機械学習モデルを本番環境などへデプロイし、アプリケーションから利用したり効果をレポートするアプリケーションエンジニアの方。
  • データ前処理〜機械学習モデル構築〜評価やデプロイのプロセスを全社的に統一したいインフラエンジニアの方。
  • 日常的に大量データを扱うために、スケーラブルな環境構築が課題となっている企業の担当者。

前提知識

深層学習についての前提知識は不要です。演習ではLinuxを使った実技があるため、Linuxの簡単なコマンドやエディタが使えるとスムーズに受講できます。

株式会社ロンウイットについて

情報検索の専門企業として、2006年の創業以来13年にわたって「Apache Solr」の導入支援を行っています。代表者はSolrとOpenNLPコミュニティのコミッター(ソースコード変更権限のあるエンジニア)であり、検索エンジンの製品開発、トレーニング、コンサルティングおよびサポートを提供する会社です。

お問い合わせ先

株式会社ロンウイット 営業企画部
101-0034 東京都千代田区神田東紺屋町28-1
神田EAST4階
担当 : 中山
MAIL : sales@rondhuit.com
TEL : 03-6205-7227
FAX : 03-6205-7228
URL : https://www.rondhuit.com/

Apache Lucene,Solr,OpenNLP,Spark and their respective logos are trademarks of the Apache Software Foundation.
TensorFlowは、Google Inc.の登録商標または商標です。

トレーニングコース

ロンウイットのトレーニングは、Lucene/Solrの経験豊富なコミッターの
監修のもと開発されたハンズオン(実習)形式のコースです。

セミナー

ロンウイットのApache Software Foundationコミッターが、情報検索の基礎、自然言語処理、そして、ユーザにとっての効果についてご説明させていただきます。